DATE PLACE

【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ・西アフリカ5カ国共通ビザ ~過酷な旅路シリーズ短編付き~

2015-10-14 01:12:29 ブルキナファソ : ワガドゥグ

ボンジュール


僕が今いるのは、ブルキナファソのワガドゥグ。
ここに来てから早10日経つのですが、溜まりに溜まったブログを書いたり、ビザを取ったりで観光らしい観光はほぼしてません!
ゆるーりと日々を過ごしています。
まあワガドゥグは特に見るものないみたいだからいいんだけど。
飯が本当に、本当にうまくて日本食は全く恋しくなっていない。
【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ・西アフリカ5カ国共通ビザ ~過酷な旅路シリーズ短編付き~

これからはここでできたブルキナファソ人の住む町に遊びに行ったり、セネガルと同じように、また町から離れ、農村部を訪ねようかと思っているところ。
ただ、ワガドゥグの居心地が良すぎで、重い腰が上がるかどうか。


あーーーーーーー!やっとブログがリアルタイムに追いついた。



というわけで、今回の記事は、
ここに来る前にいたバマコで起きたプチ事件
バマコからワガドゥグまでの過酷な移動(短編)
ワガドゥグで取るガーナビザと、5カ国共通ビザ(トーゴ・ベニン・ニジェール・コートジボワール・ブルキナファソ)

の3本立て。




■バマコで大パニック!外付けハードディスクが壊れた(Finderに表示され無い、マウントされ無い)時の対処方法(Mac編)

以下、旅人らしからぬ技術系(?)ブログ。
バマコのホテルで、外付けHDDに入っているitunesライブラリか音楽を再生している時に事件は起きた。
音楽を聴いていたら、いきなり「不正な取り出し」というアラートが出てきて、詳しくは覚えてい無いのだけど、再起動してくださいやらなんやら言われた気がする。
外付けには一切触れてい無いのにいきなり起きたこの現象。
たしかにFinderにマウントされていない。
というわけでPCを再起動。
それでもFinderにマウントされない。
徐々に事の深刻さを認識し始めた。
アーーーーー明日は早起きしてブルキナビザの申請に行きたいのに。

その後、何度抜き差ししても、何度PCを再起動しなおしてもマウントされず。

ここら辺で地獄の底に突き落とされたような絶望感。








俺の、全データ、、死亡。。。。。



ちなみにオンラインストレージにバックアップはとってい、、、ない!爆
いや、この旅の半分くらいのデータは取ってあるんだけど、アフリカに入ってから極端にwifiが遅くなって、サイズが大きな写真データなんてあげられたもんじゃない。

というわけで、このHDDが死んだら、全データが死ぬ。

そして俺も死ぬ。


パニック。軽くパニック。FBやらツイッターやらで不特定多数に助けを求めた。
一応元IT企業社員なのに。こういうハード的な事はさっぱりなのです。



心優しいtwitterのフォロワーの方が、これを試してみては?と提案してくれた方法。

●ディスクユーティリティからディスクを修復する

Macの場合、デフォルトで「ディスクユーティリティ」というツールが入っているのでそれを起動。

左側にディスクの一覧が表示される。
俺の場合は、PC本体のHDの下に、外付けの1.5TB TOSHIBA Externalという文字が表示されていた。


おや、finder上には表示されてい無いのに、ディスクユーティリティには表示されている。
という事は、俺のディスクはまだ生きている…?


表示された外付けのディスク名を選択、「ディスクを検証」というボタンがあるので押下。(押下とか久しぶりに使ったw仕事かよw)

そうするとログに「ディスクが壊れています。修復する必要があります。」みたいな文言が表示された。(実際はもっと色々と表示されてるが左記の旨の文言)

そして「ディスクを検証」ボタンの下にある「ディスクを修復」ボタンを押下。

これで直ってくれるはず。。。。!

ログに表示されたのは、

このディスクを修復できません。できるだけ多くのデータをバックアップし、ディスクを再フォーマットしてからバックアップしたファイルを復元してください

いやいやいやいやいディスクの中身に触れないんだからバックアップの取りようがねーだろうよ!!!ばかちん!


これで直るとおもっていた俺は再び絶望の淵へ。

業者に頼みたい。
でもアフリカの業者は絶対に嫌だ。データは絶対に破壊される
かといって日本に送るか。。。?いや、輸送中の衝撃が怖い。
しかも色々と調べてみると、業者に頼むとウン十万かかるらしく。まあこの時はいくらかかってもいいからデータを復元させたかったんだけど。

友達にメールして色々相談するも、その場にいないのだから詳しいことがわかるはずもなく。


だいぶパニックで、絶対にデータを救いたい一心から確実にデータを救える業者に頼むことで頭がいっぱいだったけど、時間が経って冷静になり、自分でデータを復元しようという考えにたどり着くことができた。


というわけで、以下俺のデータの復元までの手順です。

●Data Rescue 4 ダウンロード版を使って、壊れた外付けディスクからデータを復元

今回使ったソフトは、Data Rescue 4 ダウンロード版(9720円)

まず、体験版をダウンロード。
試用版は壊れたディスクのスキャンをするところまではできるので、きちんとこのソフトでディスク内のファイルにアクセスできるかどうかを確認する。

俺の場合、ディープスキャン(10時間くらいかかったと思う)を行ったら、HDDに入っていた全データを見ることができた。
デンションマックス

あとは、新しいHDDを買って(ワガドゥグで値切って、1Tを8000円)、このソフトを上記サイトで正式に購入。
メールで送られてくるシリアルコードを体験版の画面に入力すれば復元を開始できます。

これで俺はすべてのデータ(Macのバックアップデータは新しく取り直せばいいのでそれは復元しなかった)の復元に成功!
いやーーーー安心したね。

でもここで奇妙なことが。

データ復元最中に、壊れていた旧HDDが再び正常な動きに戻ったのだ。
試しにディスクユーティリティでディスクの検証をしてみたけど、ディスクは正常ですと出た。
ただ、一度マウントされなくなったディスクが再びマウントされるのは本格的に死ぬ前兆らしいので、今回はこの対応で間違ってなかったと思っている。


ああ!お帰りなさいかわいいデータたち。


全ての旅人に告ぐ。

データのバックアップはオンラインにとっておけ。








そして俺は、HDDがぶっ壊れる瞬間に聞いていた音楽がモーニング娘。だった事を一生忘れない。





■【過酷な移動シリーズ】マリのバマコからブルキナファソのワガドゥグまでの移動編

今回の過酷な移動シリーズは短編で。
面倒臭くなったわけではない。今回のは思い出してみればそんなに過酷じゃなかったからw


























ごめん、少し面倒くさいのもある。





















バマコで半詐欺にあって、ハラワタが煮えくり返ったまま乗ったバス。
なんとちゃんとした大型バス!俺は最前列の席を陣取った。
窓の外見ると、アフリカに来て、初めて女性がバイクに乗っている姿を見た。
【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ・西アフリカ5カ国共通ビザ ~過酷な旅路シリーズ短編付き~
モロッコから始まったアフリカ。ここまでくるとだいぶ様子も変わってくるなあ。
そこらへんにいる女性の存在感がモロッコとは比べ物にならないくらいに高い。


バスが客を乗せるために止まるたびに、我先にと物を売るためにバスに乗り込んでくる。
ぐいぐいぐいぐい
【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ・西アフリカ5カ国共通ビザ ~過酷な旅路シリーズ短編付き~



ぐいぐいぐいぐいぐいぐいg



【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ・西アフリカ5カ国共通ビザ ~過酷な旅路シリーズ短編付き~










いや、ちかい





バスが出発したのは17:30くらい。
きっと途中で晩飯休憩なりなんなりあるだろうと思って、俺はこの物売りたちから何も買わなかった。
この日食べたのはバス乗り場で食った200CFA(40円)のぶっかけ飯のみ。(うまい)
【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ・西アフリカ5カ国共通ビザ ~過酷な旅路シリーズ短編付き~

シート幅も普通のバスだし、ぎゅうぎゅうになることもなく快適に寝て過ごした。
途中人が降りて空席が目立ってきたので、後ろの席に移動。二席を占領して眠る。
ちなみに後ろの席は雨漏りしてた。ここら辺はアフリカクオリティ。てか本当に別のバス会社でチケット買えばよかった。

うとうとしていると、深夜00:30くらいにバスが止まって、降りろと言われた。
え、ここが国境。。?早くないか?

もっと寝ていたかったけど、乗客全員下車していたから、仕方なく俺も下車。
ここがなんなのか、なんのために降りたのか誰も教えてくれなかったので、とにかくみんなが進む方についていくしかない。

歩いた先には大量の人。ベンチは埋まって、地べたにも人が寝ている待合所的な場所。
ここで待つように指示されると、チケットを没収され、新しいチケットを渡された。乗り換え、、、ってことか。

座っていた係(?)のおっさんにこのチケットのバスいつ出発すんの?と聞くと、








「6:00だ」









聞き間違いかな?ん?何時って?










「6:00だ」









「まじで?本気で言ってる?six?シックスオクロック?今12:30だよ?まじで言ってんの?」




「ははは、ノープロブレム」



「いやいや、ビッグプロブレム」




なんか、、、、、、、
もう色々疲れてきた。俺はワガドゥグまでの直通バスと聞いていたからこのチケットを買ったのに。
いろいろ話が違う。ふざけんなよまじで。
蘇るあのゴミバス会社(M.I Trans)への怒り。
あいつらは翌日の正午にはワガドゥグに着くと言っていた。朝6:00にまだ国境を越えていないで12:00に着くわけがない。
くそ、騙された。まじでくそ、クズ、まじで、あの会社潰してやりたい。

しかし悲しいかな。こういう場所で寝るのはもう慣れているのだ。
仕方なくそこで寝ることに。
屋根はあるものの、半野外で肌寒いその場所で、運良くベンチが空いたのでそこにうずくまるようにして横になった。

なんだかものすごい素朴そうな女性が声をかけてきた。

「あなたボボ(ボボドゥラソ:ブルキナの町)に行くの?」
「ううん、俺はワガドゥグに行くよ」

明らかにマリ人ともセネガル人とも違う素朴さを持った女性。田舎娘的な。なんだか癒された。


朝六時から遅れることかなり、昨日の大型バスからかなりレベルダウンしたボロボロのバンに荷物を積み、乗り込む。
時間の遅れにはもはや何も感じない。
膝に思いバッグを乗せ、それでも睡眠不足のため爆睡しながら進んだ。
ちなみにマリ、ブルキナはモーリタニア、セネガルに比べて道が良い。から車で寝ることも簡単だ。


ちなみにバマコでこのバスに乗るときに、国境で提示が必要になるらしく、イエローカード(黄熱の予防接種証明)を持っているか聞かれ、持っていると答えたら、それはマリで取得したものかと聞かれ、いや日本でと答えたら、フランス語のものじゃないと意味ないからマリで取れ!そうじゃないとものすごい額の罰金だぞ!と言われた。
わかりやすい嘘ついてんじゃねーよ。笑 英語orフランス語で書いてあればオッケーなのに、なんで国境職員が英語読めないからってこれが無効になるんだよ。
と思ったけど、そんな理不尽なことが起こり得るのがここアフリカだ。

まあ結局イエローカードの提示は求められることなく、問題なくブルキナに入国。

ワガドゥグに着くはずだった12:00過ぎ、ボボディウラッソというブルキナ第二の街に到着。

そしてなんとここでバンのドライバーたちが荷物を降ろし始めた。





また乗り換えだ。




なんかもうむかつく気力もない。
しかもここでは荷物代を請求された。ふざけんなよまじで。
いつもなら絶対に払っていなかった。けどこの時は払ってしまった。単純にいろいろ抗議するのが面倒くさかったし、伝えるフランス語力もないし、ああああああああああああああ。
もうなんか、いろいろカオスだわやっぱアフリカって。
でもこの苦労がこれからの旅の糧になる、そう信じるしかない。


そこからは幾つか検問を抜けて、特にこれといったトラブルもなく進み続けた。
車にはTJRのOne Loveが流れ、薄暗くなっていく車内にゆるい空気が流れていた。

ワガドゥグに着いたのは19:00過ぎ。
そこからタクシーを拾い、目星をつけていた宿に行くも、レセプションがもう閉まっていて、泊めることはできないと言われ、近くにあるもう一つの安宿(5000CFA)にチェックイン。
ちなみに次の日そこをチェックアウトして前日行こうとしてた宿に行くも、部屋が埋まってると言われて、結局ちょと高めの7000CFAにチェックイン。5000CFAのところはwifiなかったから。
そしてこの超超超超超超超快適な宿でプチ沈没中なのだ。


●ブルキナファソ ワガドゥグの宿情報

Lorette Hotel
料金 : 7000CFA
wifi : 普通
個室でシャワートイレ付き(お湯シャワー!!!!!!!)
ヤモリがたくさん(かわいい)
朝食付き

近くに安くてめちゃうまい食堂あり、ワガドゥグで一番でかいスーパーあり。かなりオススメです。以下に書くビザ取得にもかなり便利な場所。ここ住める。




というわけで、又しても過酷な移動の末にたどり着いたのは、Lorette Hotelというブルキナのオアシスだった。




さて、この街に何もせず10日もいたわけじゃない。
とりましたよ、ビザ。

まず一つ目、セネガルのダカールで撃沈したガーナビザ!

■ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ(2015年10月現在)

取得場所 : 在ワガドゥグ、ガーナ大使館

Lorette Hotelから徒歩20分くらい。

時間 : 多分平日の午前中。多分です。

日数 : 自分の場合、金曜日の午前10時くらいに申請、4日後(2営業日後)の火曜日の10:30受け取り。

料金 : 2ヶ月シングル 25000CFA

さてここからがガーナビザが難関と言われる所以。

必要なもの:
・パスポート原本(申請時ホールド)
・写真4枚
・パスポートのコピー(俺は出し忘れた。けどいけた)
・ホテルの予約票
・ガーナの旅程表
・日本でガーナビザを申請してこなかった理由(英語)
・ガーナに渡航する理由(英語)
・イエローカードのコピー(俺はなくてもいけた)
・申請用紙(現地配布)


ああああ、多い。。
し、英語のドキュメントを作成しなくてはいけない。
し、旅程表も作らなければいけない。
し、ホテルも予約しなければいけない。


まずホテルの予約票。
俺はHostelWorldでAccraの適当な安い宿を予約。この時ちゃんと作成した旅程に合わせた日時で予約した。(そこまで見てるかどうかはわからない)
HostelWorldのいいところは、最初に10%くらいデポジットで払わないといけないけど、キャンセルしてもそれだけの痛手で済む。
俺の場合、7泊分くらい予約して、8ユーロのデポジット。1000円強でこの書類を作成できると思えば安いもんだ。
しかも6ヶ月以内ならキャンセルした分のデポジットを再利用できる!(したことないから本当にできるのかは未確認)
俺は使い慣れてるからHostelWorldにしたけど、別の方法でもきちんと予約したことが証明できれば問題ないと思う。


次に旅程表。
マリビザを取った時に、予定の滞在日数分のビザしかもらえなかったから、なるべく長い日程を書いた。
2ヶ月ビザが発行してもらえるらしいことは調べていたけど、万が一旅程で書いた日数分のビザしか出なかったらきついから。
たぶん書類を受領する時はあまりじっくり目を通してなかったからそんなに重要じゃないかも?

次に日本でガーナビザを申請してこなかった理由、ガーナに渡航する理由。
たぶんこれが一番重要。この理由次第でビザがもらえるかどうか決まるんじゃないの?(知らないけど)
俺は現在ガーナにどこどこの地域に派遣されている友達がいて、その友達がやっているプロジェクトが、その地域の母子保健環境の質の向上を目的としていて、予防接種や健康診断やいろいろのお手伝いをしているらしく、そのお手伝いをしたい!
ガーナのその地域の保健環境はいまこうこうこうで、いま何が問題になっていてどーのこーの、実際に足を運び現状を知るのがあーだこーだ!とかなりアツい理由を書いた。
専門用語とか交えて、こいつちゃんと考えてるな感も出した。
で、日本でとってこれなかった理由は、今世界を旅していて、俺が日本を出た時には友人はガーナにまだいなかったから、とシンプルに。
受領される時、この書類はじっくり読んでいたし、これについていろいろと質問された。

なんていう組織名なんだ?と聞かれJICAの名前を出した時に、なるほどね、みたいな顔してたから、結構これが効いたんだと思う。笑

友人を訪ねるとかの理由を書くなら、その人の住所や連絡先は控えておくべき。絶対聞かれるから。
俺は控えてなかったけど、「wifiあればメールで聞ける!ほら、こうやってメッセージのやり取りしててー」ってFBのメッセンジャー見せたら納得してくれた。


書類は受領されても、受け取りに行った時にやっぱり発行できマセーン!てなことになった人もネットで何人か見たから、最後の最後まで安心はできなかったけど、何とか無事に2ヶ月ビザ取得!
【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ・西アフリカ5カ国共通ビザ ~過酷な旅路シリーズ短編付き~


■ブルキナファソのワガドゥグで西アフリカ5カ国共通ビザ(トーゴ・ベニン・ニジェール・コートジボワール・ブルキナファソ)(2015年10月現在)

取得場所 : ワガドゥグ、イミグレーションオフィス

この建物の脇の道に「JICA」の看板あり。看板の先にはJICAのオフィスあり。

時間 : 大使館ではないので、午後でも良さそう。

日数 : 午前中(11:00)くらいに申請して、翌日の16:00受け取り

必要なもの
・パスポート原本(申請時ホールド)
・写真二枚
・申請用紙(現地配布)

いたって普通の申請。変わったことは一切なし。めちゃくちゃ簡単に取れます。
5カ国中のどこにいつ行くとか書く欄あったけど、適当でよし。
係りのにいちゃん、少し英語話せて笑顔で親切に対応してくれてとても好印象◎
近くのJICAの事務所寄ろうかとも思ったけど、寄ったところで別に…と思いスルー笑

料金 : 2ヶ月シングル 25,000CFA



特に何も苦労することなく取得。
【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るガーナビザ・西アフリカ5カ国共通ビザ ~過酷な旅路シリーズ短編付き~

こうして立て続けに、ガーナビザ・5カ国共通ビザを取得した。
なんだかさんざん「西アフリカはビザ取得が大変でどうのこうの!!!!」って騒いでいたのに、かなりスムーズに取得できている。



大したつっかかりがなく、潤滑に事が進むことに一抹の物足りなさを感じているのは、自分がトラブルという麻薬に魅せられた旅人だからか。
あるいはアフリカが生み出す不確実性に満ちた旅路の持つ中毒性からか。
どうやら「普通の」旅路に満足できなくなってしまったようだ。




わかっている。こんなことを言っていられるのはトラブルが起きていない時だけだ、と。

◀︎Previous Post

2015/10/12

【西アフリカビザ情報】マリのバマコで取るブルキナファソビザ ~カラフルなバマコ~

Next Post▶︎

2015/10/27

【西アフリカビザ情報】ブルキナファソのワガドゥグで取るナイジェリアビザ ~これから向かうべき場所は…~

SHARE THIS

COMMENT

さとし

はじめまして。
私は今セネガルを旅行していて、これから西アフリカを周ります。
最新情報を詳しく書いてくれているのでありがたいです。
これからも更新たのしみにしています。

返信 REPLY

2015-12-22 02:48:01

KEI

さとしさん、はじめまして。
ブログを読んでもらいありがとうございます!!コメントまでくれてとても嬉しいです。
今すでに南アまで来たというのにブログはまだガーナというかなりのスローペース更新ですが、近いうちに他の国のことも書いていくので是非読んでくださいね。西アフリカ楽しんでください!

返信 REPLY

2015-12-26 18:32:45


TONY☆

初めまして、2017年8月に西アフリカ18日間の旅を予定しております。
できれば、マリ→ブルキナ→コートジボワール→ガーナ→トーゴ→ベナン→ニジェール に陸路移動で行ければ最高だと思っております(ほぼほぼ移動だけで終わる)

質問なのですが、西アフリカ5ヶ国ビザをブルキナで取ったとして、途中ガーナに入国すると再入国の際ビザは無効になってしまうのでしょうか。
有効のままだと非常にありがたいと感じています。

情報などありましたらいただけませんでしょうか。

返信 REPLY

2017-06-09 11:42:35

KEI

TONY☆さん、コメントありがとうございます。
西アフリカ5ヶ国ビザをブルキナで取って、ガーナに入国、そのあとトーゴにそのビザで入るという旅程を僕も取ったのですが、トーゴの国境でそのビザは無効と言われました。一回その5カ国の外に出ると無効になるみたいです。なので、その場でトーゴのビザを別途で取らされました。

ちなみにベナンに入国するときには、あたかも5カ国ビザでトーゴにいたよ風な感じを装って何食わぬ顔でビザを見せたらあっさり入国できました。ベナンはアライバルで取ると二日(だったかな?)しか滞在できないので、ここで使えたのは大きかったですね。

返信 REPLY

2017-07-10 15:33:18


POST A COMMENT

(気軽にコメントを残して言ってください!!必ず返信させてもらいます。)

PAGE TOP