DATE PLACE

バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

2015-06-16 05:32:57 スペイン : バルセロナ

オラ

スペインに戻ってきました。
イギリス脱出!
というわけで、今回はスペインのバルセロナ編。


---------------------------------------------------------------------
日本はもうすぐGWのこの時期。
バレンシアに別れを告げてバルセロナへやってきた。

バスから降りて最初に感じた空気。
それはバレンシアと同じような、穏やかでゆっくりとした時間の流れ。
日本はきっとまだ肌寒い頃だったと思う。
バルセロナは初夏のような陽気で、それに連動するように感じられる柔らかい空気は、やはり気候とそこに住む人々の人間性は緊密な関係があることを改めて実感させる。

バルセロナは建築家のガウディと、彼の設計したサグラダ・ファミリアで有名な街。
スペインなんだけど、スペインではない街。
その理由はそのうちわかる。

今のところ住みたい街かなり上位にランクインしてるこの街。
この記事で、この街の良さを存分に伝えていきます!!!!
今回はかなり紹介系の記事になっております。


■7年ぶりの再会

ここバルセロナに来たら連絡を取ろうと思っていた人がいた。
7年前、2008年の夏にアメリカニューヨークで出会ったスペイン人の女の子、アイナ。
とてもキュートでフレンドリーで明るい彼女とはニューヨークでもことあるごとに遊んでいたけど、それ以来会う機会がなく7年が過ぎていた。

うーん、7年一切の連絡を取っていない、、覚えているのだろうか。自分だってNYで会ったすべての人を覚えているわけではない。

とりあえずメッセージを送ってみよう。
俺「はろー、アイナ、ケイだよ。覚えているかい?今バルセロナにいるんだけど、会わない?」
ア「Hi Kei!!もちろん覚えてるよ!」
(ああよかった。)
ア「とりあえず土曜日の夜は何してる?会いましょう!」

覚えててくれただけで嬉しかったのだけど、7年ぶりに会えると思うとこのためにバルセロナに来たんじゃないかって思えるくらいに嬉しかった。
本当に可愛い子なんだよ。アイナは。

バルセロナで合流した友達を連れて、待ち合わせの場所へ。

約束の時間から10分経過。20分経過。30分経過。
ア「sorry!! we are trying to park somewhere now! sorry to be late! we are spanish!!

ワロタw

「遅れてごめん!私たちスペイン人だから!

wwww
スペイン人は時間にルーズということを気持ちいくらいに潔く認めている謝罪だ。


それからしばらくして、「Kei!!」と聞き覚えのある声で呼ばれた。

「アイナーーーーーーーーーー!!!!」


旅をしている中での最大のイベントというのは、出会い、別れ、そして再会だと思っている。
その瞬間というのは、何にも代えがたい喜びがあるものだ。

アイナは今は30歳(のはず)。歳を重ねても笑顔はあの頃のままキュート。
彼氏のデイビッドとも初めましてを済ましてとりあえずバーに入り乾杯した。
7年のブランクはすぐに埋まった。
NYの思い出話に花を咲かせたり、この7年間何をしていたかとか、話すことは沢山ある。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

バーで話している時にアイナがふと聞いてくる。
ア「ケイ、私たち(アイナとデイビッド)が今スペイン語で話していないのわかる?」
俺「え、スペイン語で喋ってると思ってた。何語?」
ア「カタランよ!」
俺「あ、え?カタルーニャの?あれ?アイナってカタルーニャの人だったの?!」

ここで説明しよう。
カタルーニャとはスペインの自治州。
文化的にも政治的にも独自の歴史を持っていることから、スペインからの独立を望む声が多く、独立運動も活発である。
国旗もカタルーニャの国旗が存在する。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
わかりやすく例えるなら、スコットランドのような位置付けだろうか。


ここバルセロナはカタルーニャ州の州都であり、その文化は、スペイン王国に基づくというよりは、カタルーニャに根付いている。
スペインなんだけど、スペインではないんだよなあ。

言われてみれば、標識もすべてスペイン語とカタルーニャ語で表記されている。

バルセロナはマドリッドに次ぐスペイン第二の都市だし、スペインから独立しても財政的に余裕もあるはずなんだけど、スペイン政府がこれを認めていない。
カタルーニャ州内の住民投票で8割以上が独立に賛成にもかかわらず、スペイン政府はこの投票を無効なものとしている。

言われてみれば、カタルーニャの国旗を掲げて行進している人たち、それに向かって罵声(?)を吐いている人を見かけたこともあった。
国境を接さない日本で生まれ育った日本人としては、あまりこういった自分のアイデンティティの所在について考えることもない。
いや、琉球やアイヌの人たちは独立までとは行かずとも、同じような感覚は持っているのかもしれない。



この時、カタルーニャに対する知識が全然なかったから、後になってアイナに聞いておけばよかったと思うことがいろいろ出てきた。
独立についてどう思っているのかとか。
自分のアイデンティティーはスペインなのか、カタルーニャなのかとか。(おそらくカタルーニャだろうけど。)


個人的な意見としては、独立に賛成。
国って、そこに住む人々の意識が作り上げるものだからね。



と、7年越しの新事実に驚く間もなく、店を移動。
アイナオススメのピンチョ店に連れて行ってくれるという。

ピンチョとは?!
------------------------------------------------------------------------------------------------
小さく切ったパンに少量の食べ物がのせられた軽食のこと。
ピンチョは自分の好きなものを好きなだけ皿に取る形式。
パンには串が刺さっていて、最後に串の数を数えて勘定する。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
------------------------------------------------------------------------------------------------

バルセロナ初日にして、最高にうまいピンチョ店に連れて行ってもらった。
バルセロナ、幸先のいいスタートだ。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

久しぶりの楽しい会話に花が咲く。
帰り際、まだしばらくバルセロナにいるから、今度はホームパーティーでもしよう!そう約束して別れた。
その約束が実現されることはなかった。

Because they are Spanishである。



■バルセロナグルメ情報

バルセロナには美味しい店がいろいろとあったので、それぞれご紹介。

●美味しいピンチョ店 SAGARDI ★★★★☆

アイナに連れて行ってもらったピンチョ店。
数あるピンチョ店の中で、ここはうまかった。
たまに席を回って作りたてのを持ってきてくれる。
が、お値段ちょっと高め。ピンチョひとつ2ユーロなり。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●ピンチョ食べ放題のお店 (名前忘れた) ★★★☆☆


12ユーロほどで、ピンチョとタパスが食べ放題!
種類がやや少ないが、味はgood^^
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●激ウマイタリアンジェラート店 Amorino Ramblas ★★★★☆


ここはうまい!!!!バルセロナには沢山ジェラート店があるのだけど、ここはダントツでうまい!
ロンドンやNY、パリなど世界中に支店があるみたい。
ここのバニラが最高。バニラがうまいアイス屋は本物。
レギュラーカップで5ユーロ弱。ちょいと高めかな?でも3種類くらい選択できるから満足感は◎
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●バルセロナでラーメンが食べたくなったら? ラーメン屋 HIRO ★★★★★


ある日バルセロナの街中で買い物をしている時にこんな風に話しかけられた。
「日本人かい?じゃあヒロっていう料理人を知っているだろ?!彼はバルセロナで一番有名な日本人だよ。」

ヒロ。。。?知らんがな。

彼の名前を思い出したのは、日本食を求め、バルセロナのラーメン屋を探していた時。
「ラーメン屋 ヒロ」

ああ、この人のこと言ってたんだ。

さてさて足を運んでみると、その光景に驚く。
海外のラーメン店って、だいたい日本人駐在員とか旅行客とか、アジア人中心の客層なんだけど、ここは客の9割がスペイン(もしくは欧米)人。
自然と期待も膨らむ。

ランチタイムは(味噌)ラーメンと餃子セットで10.5ユーロ。
他にも醤油、海鮮とあるが、味噌が一番人気らしい。
普段味噌をあまり食べない俺が味噌を注文。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
結果。間違いない!
これは初めて食べる味噌の味!とても濃厚な、どちらかというととんこつに近いような味噌スープとそれに絡む中細麺。
日本で出しても売れると思う。

ちなみに、ここは開店前から列ができるほどの人気店なので、早めに行くのがオススメ♪
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●もうひとつのアイスの名店 Handmade Icecream ★★★★☆


ある日バルセロナ市内を一望できるTVタワー、Torre de Collserolaに登りに行った。
カタルーニャ広場からS1テラサ(Terrassa),S2サバデル(Sabadell)行きに乗車し、Peu del Funicularで下車する。
そこから徒歩か、登山列車で登ることができる。徒歩の場合、1時間くらい。

TVタワーの周りには特に何もなく、ただ景色を楽しむ場所。そして散歩を楽しむ場所。
都会の喧騒から離れた場所でのハイキングは心身ともに浄化される気持ちだ。

そしてここからの眺めもさすが良い。
きっとバルセロナで一番高い場所だろう。

そしてここに知られざる名店(と勝手に呼んでいる)がある。
それがHandmade Icecreamの看板を掲げるこの店だ。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
とくにフルーツ系のシャーベットが美味しい◎

そして何より、店のおばちゃんが可愛いのだ♡
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。


●あまり観光地観光地していない地元民が集まる美味しい店に行きたい時 ★★★☆☆


ある日、バルセロナ市内を出て、モンセラートという修道院に足を伸ばした。
行き方は下記の通り。
地下鉄のPlaza Espanaからカタルーニャ鉄道(FGC)に乗る。Montserratの文字を追っていこう。
鉄道、ロープウェイ(もしくは登山鉄道)のセット券が駅で買える。20ユーロくらい。
あとはモンセラート行きの列車に乗るだけ。

モンセラート自体については後に書くとして、、、
ロープウェイに乗るために降りるMontserrat-Arei。この駅の隣にある(バルセロナとは反対方向の隣)Monistrol de Montserratまで足を伸ばしたところ、
これはこれは何もない町で。
ただ、その中でひとつ発見した

頭よりもでかいサックサクのパンに、自分でトマトをスライスして載せ、ガーリックマヨネーズをのせて食べる主食が注文もせずにさっと出てくる。
周りは昼間っから盛大によっているスペイン人たちの陽気な笑い声が響いていて、あまり観光客はこなさそうな店だ。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

テラス席から見えるモンセラートの山も美味しい料理のスパイスになること間違い無し。


●パエリヤ選びに困ったら! Les Quinze Nits ★★★★★


場所は戻ってバルセロナ市内中心部、カタルーニャ広場から徒歩10分の場所にある人気店。
ここのパエリヤはめっちゃうまい!(といっても食べ比べてないからわからないのだけど笑)
二人分からの注文で、一人9ユーロくらいだった気がする。。

味は大満足なのだけど、ウェイターが舌打ちしてきたりするので要注意!w
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。


■バルセロナのここは行っておけ!!


●ビーチ

バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
バルセロナにはビーチがある。
地下鉄で気軽に行ける場所だし、おしゃれなカフェやレストランが軒を連ねる横を歩くだけで楽しめるだろう。
トレーニングをする人、寝る人、ボールで遊ぶ人、泳ぐ人、ヨガをする人、みんなが思い思いに自分の時間を楽しむ空間は、自分がそこにいることになんのためらいも持たせない居心地の良さがある。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

キュートなおばあちゃんのストレッチは見ものです。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●カジノ

ビーチの近くに有るカジノ。
エントランスは無料。ベットしなければ無料で見学することができる。
中は静かで、お茶を楽しんでいるお年寄りもいるくらい落ち着いた空間だ。
日本のパチンコなんかよりよっぽど健康的なんじゃないかと思ってしまう。

というわけで、ネパールのカトマンズ以来、人生3度目のカジノにチャレンジ。
ゲームはもちろんルーレット。
時間はかかるけど、結構な確率で勝てる方法をカトマンズで発見して以来ちまちまとかせぐ戦法を取っていたんだけど、やはり欲が出てくると、赤か黒に賭けたくたってしまう。
そして外す。
結局二人で10ユーロ負けた。
でも一人5ユーロなんて日本のゲーセンにいたらすぐになくなっちゃうでしょ?そう考えたら安いものです。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●テレビ塔

既述のテレビ塔、Torre de Collserola。
ここら辺には高級住宅と思われるプール付きの豪邸が建ち並んでいる。
きっとバルセロナ市内を見下ろしながら優雅な生活を送っているんだろう。
景色がとてもいい。晴れていればハイキングも気持ちいい。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
ただし、TV塔以外に何もない。

●ボケリア市場

バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
果物屋からハム屋からその場でビールと一緒につまめるチョとしたバーまで兼ね備えるバルセロナ1の巨大市場。
ここで食材を調達し、自炊をするのも楽しい。
ちなみに今回の滞在、自炊に力を入れた。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
ラーメン屋ヒロの近くに日本食マーケットがあり、そこでは大抵のものが手に入る。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●モンセラート

既述のモンセラート。
カタルーニャ州の聖地と呼ばれているらしい。
トルコのカッパドキアのような奇形岩がゴツゴツと立ち並ぶその上に建つ教会。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
ここには「黒マリア」と呼ばれるマリア像があるみたい。それを見るために長い列ができていたんだけど、別に興味なかったので見なかった。w
ここはトレッキングコースもあり、時間がある人はロープウェイではなくて徒歩で登ってみるのもいいかも。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

てっぺんから見下ろす絶景は美しい。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●ガウディミュージアム

バルセロナといえば真っ先に思い浮かぶ人物、そう、有名建築家のガウディ。
彼のミュージアム(とそれを囲む公園)がバルセロナ市内にある。
ちょっと中心(俺はカタルーニャ広場を中心としてみていた)から離れているので、この日は自転車をレンタルしてバルセロナ市内を走った。
晴れているバルセロナは電車に乗るのがもったいないくらい外にいるのが気持ちいい。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
ガウディミュージアムがあるグエル公園に着。

ここからでも十分にバルセロナを見渡すことができる。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

ちなみに、僕はガウディミュージアムには入っていません。お金がかかるし、ミュージアムってあんま興味ないので。笑
ただ、ミュージアムに入らず、公園をうろちょろするだけでも十分に楽しむことができる。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

●サグラダファミリア

さて、最後の最後までとっておきましたが、バルセロナと言って一番パッと思い浮かぶものといえば。

そう、サグラダファミリアだろう。

完成予定の立たなかったこのサグラダファミリアにも、やっと目処が立ったらしい。
2026年完成予定だそう。
生きているうちに完成した姿が見れそうなのだ!!!!!!

というわけで、中に入るのは完成してからのお楽しみということで、今回は外観のみを堪能。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

この建物の圧倒的な存在感は筆舌に尽くしがたい。
建造物にあまり感動することのない自分も、サグラダファミリアの堂々とした悠然たる姿に感動を覚えた。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

きっとこの工期の長さも、サグラダファミリアの存在価値を高めているように思う。
それがガウディの意図なのかどうか、知る由もない。





世界中の多くの都市に行ってきたけど、この街は住みたい度かなり上位にランクインした。
スペインならではのゆっくりした空気、カタルーニャという独自の文化、うまい飯、整備された交通網、完璧だ。
バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。バルセロナの過ごし方。行くべき場所と食べるべきもの。

あまり「旅」という時間ではなかったけど、こういう時間も含めて俺の旅が作られていくのだ。

このバルセロナに別れを告げるのは本当に本当に辛い。
でも進まなければならない。


出国ゲートをくぐり、ロンドン行きの飛行機を待った。



◀︎Previous Post

2015/05/22

旅の喜び。バレンシアで出会った友達との日々

Next Post▶︎

2015/06/19

世界一入国するのが難しい国はどこだと思いますか?

SHARE THIS

COMMENT

ミカコ

面白い文章で一気に読みました!
今弾丸バルセロナ一人旅中です。毎日あてもなくフラフラ歩いていると美味しいもの、美しいもの、楽しい人、感動的な歴史物に出会いますね、素敵な街。ご紹介頂いた場所を巡りつつ、あと数日楽しみます!

返信 REPLY

2016-10-16 00:12:44

KEI

ミカコさん、コメントありがとうございます!
バルセロナ、歩いているだけでここまで楽しい街ってあんまりないですよね。このブログが少しでも役に立てたらとても嬉しいです^^
残り数日、思い切り楽しんでください!羨ましい!!

返信 REPLY

2016-10-17 02:05:30


taka

現在バルセロナ滞在2日目です。
街を歩けば写真に収めたくなるような風景。
少し歩けば観光スポットや憩いの場があるバルセロナ。素晴らしい街だと早くも魅了されています。
あと2週間程滞在するので第六感まで使ってバルセロナを堪能したいと思います。
とても参考になるブログでした。

返信 REPLY

2017-03-01 09:56:31

KEI

takaさん、コメントありがとうございます!
バルセロナ、スペインの他の街とは違って独特で、本当に素敵な場所ですよね。本気で住みたいと思う数少ない場所の一つでした。
このブログが少しでもお役に立てていたら幸せです。
残りの滞在もバルセロナ楽しんでくださいね!

返信 REPLY

2017-03-07 17:24:44


POST A COMMENT

(気軽にコメントを残して言ってください!!必ず返信させてもらいます。)

PAGE TOP