DATE PLACE

旅に出て8ヶ月。今思うこと。

2015-01-17 07:54:44 トルコ : イスタンブール

メルハバ

やっとトルコのことを書き始めようと思ったのですが、、

実は後一週間ほどで旅を始めてから8ヶ月が過ぎようとしている。
全然切りも良くない期間だけど、ここに来てこの旅についていろいろと考えることがあったので、忘備録として、未来の自分のためにこれを書き留めておこうと思う。


今いるのはトルコのイスタンブール。
イスタンブールにはカッパドキアに行った後に一回来ているのだけれど、その後別の場所に行って再び戻ってきた。
イスタンブールに戻ってきてからかれこれ1週間弱が経とうとしている。
この一週間何をしたか。



何もしていない。




宿に篭ってネットをしてみたり、スーパーに買い物に行って料理をしたり、そこらへんをぶらぶらしてみたり。

いわゆる「観光」は一切していない。

なんだか、トルコに来てから、したいことが見当たらない。

何をしても、ふ〜ん、で終わってしまう。
旅をしていて、こんなに何にも感動を覚えないのは初めてだ。

今の自分は、惰性で旅を続けているだけで、どこに行きたい、何を見たいという欲求に突き動かされて動いていない。
ズルズルと旅をしている感覚が、旅をしている意味そのものを霞ませてしまって、今はただただ「迷子」って感じ。

長いこと旅をしてきて、いろいろなことに慣れてしまうのは仕方のないこと。
綺麗な景色も「あっちの方が綺麗だった」とか、美味い料理も「あっちの方がうまかった」とか、何かにつけて比較してしまう。
この状況を変えたくて、一度旅をリセットして、旅を始めた頃の、全てに驚き、不安に思い、感動し、何事も挑戦だったあの新鮮な感覚を取り戻したいと思って、一度帰国することすら考えたほど。


けど、こんな状態で日本にはまだ戻れない。

自分がしたかったことを今一度思い返してみると、観光地を巡って写真を撮って満足するようなものではなかったはず。
もっと挑戦的で、誰も見たことのなような景色を見て、この旅でしかできないようなことをやりたかった。
そこに行かないと見ることのできない世界を見たいのです。
今はそれが全くできていない。
アジアから旅を始めて(ロシアだけど東端)、徐々にヨーロッパに近づき、文化が先進的になってきていることも、旅に慣れてきているのと合わさって自分の感度を鈍らせている。
場所のせいにしている時点で自分もまだまだだなと思うけれど、でもそうなんだ。


旅をすることは、日本で働いていた時の自分にとったら全ての時間が非日常で刺激にあふれ、感動の連続であるはずだった。
が、その旅が今では日常になってしまい、毎日がルーティーンになってしまった。
この一週間、少しでも足掻いてみようと、その日常から抜け出してやろうと、もがいた。考えて考えて、考えては凹んで、動くことをやめてみた。


その結果答えが出たかと言われると、はっきりイエスとは言えないのだけど…
ただ、ここで少しの間旅から離れて見たことで、次にやりたいことが見えてきたかも。
ただ、結構だいぶアレな感じなので、どうなるかはわからないけど。
でもこうやってやりたいことをどうやったらできるかって考えてる時が楽しい。



本当はこの後はヨーロッパに行く予定だったのだけど、新しい風を求めてエジプトに飛ぶことにした。

けどヨーロッパはその後行くよ。会わなければならない人がいるから。

前のような色鮮やかな感覚が戻ってくるのには時間がかかりそうだけど、世界のどこかでまた何かに感動できる時が来ることを信じて、僕は旅を続けます。

◀︎Previous Post

2015/01/17

グルジアのホームステイ。スリコじいちゃんとメディコばあちゃん

Next Post▶︎

2015/01/18

カッパドキアでお正月。気球の上からあけましておめでとう。

SHARE THIS

COMMENT

POST A COMMENT

(気軽にコメントを残して言ってください!!必ず返信させてもらいます。)

PAGE TOP