DATE PLACE

オマーンでイランビザ取得に挑戦した話

2014-12-20 00:46:18 オマーン : マスカット

サラーム

今はイランにいますが、今回はオマーンでいらんビザの取得に挑戦したお話をしましょう。


■ドバイからオマーンへバスで

ドバイからオマーンのマスカットまでは直通のバスが出てるので、それに乗ればぴゅんとマスカットに行くことができる。
ドバイ⇄マスカット(片道:50ディルハム, 往復:90ディルハム)
ドバイに戻る予定がある人は往復で買ったほうが安い。ちなみに帰りの日程は未定でもオープンチケットが買えるので、とても良い。
朝の便と午後の便があり。朝は6:00バスチケット売り場に集合。

マスカット行きのバスチケットはONTCというオマーンの会社が運行していて、ドバイのDeira City Center駅から徒歩10分くらいで行ける。

とまあチケットはこんな感じ。

UAEとドバイの国境では、まずUAEの出国を済ませる。

その後に少しバスで走ってあるのが荷物検査なんだけど、この方法が面白かった。
バスを下ろされて、乗客の荷物が地面に並べられる。
その周りをクンクン嗅ぎまわる犬。
そう、麻薬を探しているのです。

もし、万が一、ここで麻薬が見つかってしまったら、、


死刑


いや、本当に。

オマーンはとても麻薬に厳しい国なのだ。中国も麻薬が見つかったら死刑だよね。
だから運び屋として途中で荷物に麻薬を忍び込まされているケースもあるんだとか。その場合も死刑(麻薬を入れられた人が)。

だからこの時はみんな不安げな表情で自分の荷物を見守る。
犬が自分の荷物の前で止まったりすると本当に心臓バクバクしてた。笑

バスに乗る前に十分に自分の荷物をチェックしよう!
ちなみにマスカットからドバイに戻る時は荷物検査はなかった。

で、無事荷物検査が終わると、また少しバスで走ってオマーンのイミグレーション。

ビザがない人はここでアライバルビザが取れる。
が、UAEに空路で入った人限定で無料でビザを発行してくれる。
俺はたまたまデリーからドバイまでの航空券を持っていたから、それを見せて空路で入ったからタダにしろアピールをした。

ここを無事に通過すると、あとはマスカットに着くのを待つのみ!

ドバイから7時間くらい。
バスの中は冷蔵庫かと思うくらい寒いので防寒着を持っていくと◎


■オマーンに安宿はない!

オマーンにバスが着くと、下ろされるのはRuwi地区と言われるマスカットの中心部。ここにONTCオフィスがあるから、帰りもここからバスに乗れる。

事前に調べた情報だと、マトラ地区に安宿が多いと聞いていたので、そこに向かうことにした。
でも一応バス降りたすぐそばにある宿にも値段を聞いてみた。

「25オマーンリアル(1リアル≒300円)」

退散。

マトラまでタクシーで行ったんだけど、マトラについてもある宿はだいたい20リアル前後。
探し回るのもだるかったから、18.6リアルの宿で妥協してしまった。。。高いよう。。オマーンの物価は噂には聞いていたけど、激高い。。
が、宿から見える景色は中東を感じさせるもので、なかなか良かった。
オマーンでイランビザ取得に挑戦した話

飯は0.5リアル〜1リアル、そんなに安くはないよね。。(しかもバーガーね)
マトラの海岸沿いの夜景と、飯を食うオマーン人たち。
オマーンでイランビザ取得に挑戦した話オマーンでイランビザ取得に挑戦した話

ちなみに、物価高いけど、ダイソーはある。
オマーンでイランビザ取得に挑戦した話

■【オマケ】旅に出て初めて日本大使館にお世話になる

オマーンのタクシーはメーターではないから、乗るたびに値段交渉しなければいけない。
ドバイでメータータクシーという楽なものに慣れてしまっていたから、毎回交渉するのが疲れる。
し、100%ふっかけてくるから、イラっとする。しかもだいぶ法外な金額を。

その日、オマーンに来た最大の目的、イランビザの取得のため、ホテルからイラン大使館に向かった。
ちなみにネットでイラン大使館の場所を調べるとなぜか二つ場所が出てきて、どっちが本物かわからない。笑
本物の大使館がある方は、イギリス大使館とかインド大使館とかいろんな大使館が集まっている場所にある方です。(タブンネ)

で、イラン大使館行くのにタクシー。
ipod touchで地図を見せて、ここに行ってくれと。
そしたらいきなり6リアル!とか言い出して、アホかボケそんな高いわけねーだろつってがっつり値切る。
寝起きで機嫌が悪かったのもあって、移動中もだいぶ会話をスルー。
そして下ろされたイラン大使館前。
金だけスッと渡して降りた。

大使館の窓口にビザのことについて聞いていたその時、ふとポケットに手をやると、あるはずのiPod touchがない。。
あれ、カバンの中?いや、ない。
歩いてきた道を探しても、ない。
どこにも、ない。

このiPod touch、旅に出るからということで日本でもらったプレゼントで、とても大事なもので、しかもバックアップ取ってないから今までの旅の思い出も全てipodの中にだけ。
とか、旅で出会った人の連絡先とか。旅に必要な情報とか。旅に必要な道具とか。
だいぶ焦った。
タクシーに乗る前にipodで地図を見せたのは確かだから、タクシーの中に落としたに違いない。
もうタクシーはいなくなっているのわかってはいるし、聞いても無駄なのはわかってるんだけど、警備員みたいな人に「タクシー見ませんでしたか?!」と。
そんなんタクシーなんていっぱい見たに決まってるじゃん。
と自分で突っ込みつつも、その人が何があったんだ?と聞いてきてくれて、事の経緯を説明。
「タクシーのナンバーは控えてある?」
「そんなん控えてないよー。。」
「じゃあわからないな...日本大使館に行ってみたらどうだい?すぐそこにあるし。」

幸い(?)にも、そこのエリアが大使館が集まるエリアだったから、日本大使館もすぐそばにあった。
ipod touchで大使館にか...とは思いつつも、どうしても見つけたいものだったので、迷惑がられるのを承知で大使館の門を叩く。

この時点でイランビザのことなんて頭になくて、全てはipodのために...!

まず日本大使館の門番に事情を説明。
中に入りたい?と聞かれ、そのためにここに来たんだけど。。と思いつつも丁寧にイエスと言い、中に入れてもらう。
中で待っていたのはまたオマーン人で、また一から事情を説明する。
・車のナンバーはメモったか。
・車種は覚えているか。
・電話番号は。(ipodなので番号はないのだけど)
聞かれた情報は全てわからなかった。

ここでやっと日本人の方が出てきてくれて、また一から事情の説明。

オマーンのタクシーはみんな同じ柄(オレンジの模様)をしていて、オマーン国内でタクシーの会社があって、その会社に所属するタクシーが走っている。
だからタクシー会社に届いたりするんじゃないか。

って甘い考えを持っていたんだけど、大使館の方曰く、

「オマーンのタクシーは、車をオレンジに塗れば誰でもできる。タクシー会社は存在しない。」

とのこと。
だから、タクシーはそれぞれ車種も違うし、車のナンバーがないと特定できない。
故にタクシーで落としたものが見つかる可能性は、今の所、

1,タクシーの運転手がいい人で、警察署に届けてくれる。
2,他に乗った客がいい人で、警察署に届けてくれる。

らしい。
しかも、わかっている情報は、ipodが青い、ただそれだけ。

「ちなみに、オマーンって落し物届けてくれたりするんですかねえ、、、?」
「うーん、少なくとも大使館経由で落し物が見つかったことは今までありませんねえ。正直、今ある情報だけでは厳しいかと。」
「そうですか。。。」
「とりあえず一緒に警察署に行ってみますか。」

日本大使館の永田さんは嫌な顔一つせず、警察署に連れて行ってくれた。通訳的なオマーン人の助手?も引き連れて。
助手のオマーン人が言う。
「運転手がいい人であることを願うしかないね。」
俺、思う。
「あーー、運転手にあんな嫌な態度とらなければよかった。。。」

警察署は、もう絵に描いたようなお役所仕事で、なっかなか紛失したということを受理してもらえず。
ipodのシリアル番号がないとダメとか。無くしたんだからシリアル番号なんてわからんわ!!と思ったんだけど、これは奇跡的にPCに繋いだ時の情報がitunesに残っていて、シリアル番号はそこからゲットできた。
それをメモって持って行ったら、これが本当に俺にipodのシリアルナンバーという証拠を見せろ。と言われ、
は?どうすりゃいいんだよ!というと、
そのPCから復元したシリアルナンバーなら、そのPCの画面を見せろとのこと。
それならと、ちょうど画面バキバキで一応持ってきてたiphone4があったから、それで撮ってあったPCの画面を見せると、
ダメだ。この画面を印刷して持ってこい。と。

ほんとなんなんオマーンの警察。
結局印刷して持って行ったけど、それを持って行ってもなお、紛失届?を出すには3日かかると。
永田さん曰く、オマーン人の言う三日だから、一週間はかかるとのこと。
↓オマーン人↓
オマーンでイランビザ取得に挑戦した話

一週間待って紛失届をもらうか、あるいはその一週間のうちにipodが出てくることに期待するか。
それとももうすっぱり諦めて、こんな高いオマーンを出るか。
選択を迫られていた。


■イランビザ取得に失敗!

上記の一件があって、相当凹んでいたのだけど、やるべきことはやらないといけない。
イランビザの取得に再び取り掛かった。
とりあえずipod紛失でてんやわんやだったイラン大使館で言われたことは、今は大使館では観光ビザの発給はしていないため、下記旅行会社で取得してください。
と書かれた紙を渡されていた。

"Legend of Desert Travel and Tourism"

この会社のオフィスに行ってみると、イラン人が出迎えてくれた。
そして言われたことは、ここオマーンでビザを取るには10日以上かかる、と。

えええええぇぇぇ〜〜〜〜〜泣

2日で取れるっネットで見たんですけどーーーーーーーーーーーーー。。

その情報よりも後にシステムが変わってしまったらしい。
イラン外務省からの承認をもらうのに5日。
承認をテヘランから、マスカットのイラン大使館まで送るのに3日。
そこからビザを発行するのに2日。
最低でも合計10日。

正直10日もオマーンにはいられないと思った。
物価が高いのもあったし、ipodの一件で苦い思い出の国になったので、あんまり長居したくないと思っていた。

イランビザは15日までの滞在なら空港でアライバルビザが取得できる。
それでもビザを取りたかったのは、30日いれるし、フェリーで入国できるから。
けどこの時点で気持ちはほぼアライバルで取ることに決まっていた。

はあ、、、、ipodを無くし、イランビザも取れず。
僕は、オマーンに、何をしに来たのだろうか。


■初めてのCouch Surfing

イランビザが取れないとわかって、もうマスカットにいる理由はなくなったのだけど、ipodが出てくるかもしれないというわずかな可能性にかけて、もう2日だけ滞在することに決めた。
ただ、もうこれ以上高い宿には泊まれないと思い、カウチサーフィンを使うことにした。

カウチサーフィンとは!
旅行客を部屋に泊めてもいいよって人がサイト上にリスティングを掲載し、泊まりたいという人がそれを検索して、連絡を取り、実際に泊めてもらうシステム。
基本的に無料。
自分も、「マスカット」と入力し、出て来た人たちに片っ端からメッセージを送ってみた。
もちろんこのメッセージがシカトされる時もある。
で、一人の青年から返事が返ってきた。
快くOKしてくれて、家に招いてくれた。
この青年、Hiteshはオマーン人だと思っていたら、実はインド人だった。笑
ドバイでも、オマーンでも、何かとインド人に縁があるね。

泊めてもらった家。
オマーンでイランビザ取得に挑戦した話

とてもローカル!うん、こういうの大好きだ。
基本的に彼は日中仕事に行ってるので、家には俺一人。セキュリティ的に大丈夫なのかなw
旅の話ししたり、人生の話しをしたり、楽しい時間を過ごすことができた。
その場所のローカルな空気を味わうことができる、しかも友達も増えるカウチサーフィン、オススメです。




結局、オマーンにいる間にipodは見つからなかった。
その後ドバイに戻り、ドバイからイランのシーラーズに飛び、空港で15日ビザを取得した。

そのシーラーズでの初夜、PCを開くと一件のメールが。

永田さんからだった。
「ipod、見つかりました。」


うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!

さて、どうやって受け取るかは未定ですが、本当にラッキーだったと思う。
そして、最後まで色々と対応をしてくれた日本大使館の永田さんに心の底からお礼を言いたい。
どうもありがとうございました。

オマーンに今の所いい思い出はないけど、きっと綺麗な場所はたくさんあると思う。
猿の惑星の撮影はオマーンで行われたという話もあるらしい。
今度は金をたくさん持って来よう、そう思った。

◀︎Previous Post

2014/12/10

Luxury Break in Dubai. 〜旅の中東編スタート!〜 後編

Next Post▶︎

2014/12/20

ダイヤモンドの中の世界、Shah Cheraghと、七色の朝日、Nasir al-Mulk Mosque.

SHARE THIS

COMMENT

初めまして

アライバルビザの件とってもサクッと書かれてますけど、もう少し詳しく知りたいです!

返信 REPLY

2015-03-23 14:28:23

KEI

初めましてこんにちは、コメントありがとうございます!
イランのアライバルビザは、テヘランかシーラーズに空路で入った場合のみ取得可能で(他の大都市、タブリーズやエスファハンでも可能かも?)、必要なものは保険代20ドルと、ビザ代40ユーロのみです。これといって事前に準備するものはありません。
飛行機に乗るときにビザのことを聞かれても、アライバルで取れる!と言えば問題ないです。
アライバルで取れるのは15日までですが、一回入ってしまえば延長は割と簡単にできるらしいです(未検証)。

返信 REPLY

2015-03-25 01:05:54


POST A COMMENT

(気軽にコメントを残して言ってください!!必ず返信させてもらいます。)

PAGE TOP